参加する

参加する 参加する
参加する
ビットフライヤー送金方法
コインチェックの送金方法
バイナンスの送金方法
ビットコイン、イーサリアムの準備方法
参加する

 

 

bitCastle内での全取引でCastleを使用することで、

手数料の割引が適用されます。



1年目は50%OFF、2年目は25%OFF・・・と
年々割引率を半減していき、5年目に0%となります。

Castleの発行上限枚数は500億Castleとなっており、
上場時にすべての発行が完了されています。

上場後にCastleを手に入れるにはbitCastleで
購入する方法しかなく、手数料割引という実用性が
多くの需要を生み出すことが予想されます。

Castleはユーザーの要望を叶えるための機能も備えています。

1Castle=1票として換算し、保有者は次にbitCastleへ上場させたいコインへ
の投票権として使用できます。




利用者の要望をダイレクトに実現させていくことによって、
ユーザー数増加とCastleへの需要を高めることができます。


 

 

bitCastleへの上場手数料を従来のBTCやETHではなく、
Castleでの支払を行います。

ICO主催企業はbitCastle内でCastleを購入する必要が
あり、支払われたCastleは運営チーム保有分とは別に管理、
一定期間ロックされます。

それによりcastleの暴落を防ぐだけでなく、価値を上昇させる
ことになります

bitCastleは4半期(3ヶ月)に一度、利益の20%分を使って
Castleを買い取りとBurn(焼却)を行います。

Burnとはコインの総発行数そのものを減らすことを指します。

総発行数が減ることで供給量も減少し、需要と供給のバランスが
傾き価値を底上げします。

最終的には元々の総発行枚数の半分である250億Castle
までBurnします。


 

 

今現在、仮想通貨市場に安全な取引所はありません。
2017年から仮想通貨の名が広まり、ハッキングによる被害が増えています。
2018年以降は、ハッキング被害がさらに増加していくと言われています。

どの仮想通貨取引所も、危機にさらされています。
よって取引所を利用する全ユーザーに、資産を失う可能性があるということです。

かつて業界No,1だったpoloniexは、何度もハッキング被害に遭い
総額76億円相当のビットコインを失い、多くのユーザーに見放されました。

Binanceやbitflyer、coincheckを始め
世界中の主要取引所でハッキングや不正アクセスが起きており
その度にユーザー離れを引き起こしています。



今最もユーザーに求められているのは
ハッキングをされることがない仮想通貨取引所です。

bitCastleではセキュリティを第一に考え
あらゆる対策を講じて“鉄壁の城”を作り上げます。

セキュリティという看板はユーザーを守るだけでなく
将来的にユーザーを増やし続ける役目を担います。

ユーザー数が増えればCastleの流通量も増えるため
他のどんな仮想通貨とも比べ物にならないほど価値を上げることになります

鉄壁の守りが人を呼び
人がトークンの価値を上げていく
bitCastleは、他にはない唯一無二の取引所をつくりあげます。

 

 

参加する

このページをご覧の方限定となる販売となり最安値でのご案内となります。

一般的なICOは上場目前まで迫った第3次、あるいは第4次販売という、すでに価格が上乗せされた段階で行われます。

第1次、第2次はより確実に利益を得られるためコイン開発関係者やゆかりのある方限定に販売するのが業界内での常識です。

そのため誰でも参加できる一般的なICOでの販売価格は最安値ではありません。

本プレセールは第1次販売、最安値でCastleと交換可能です

一般層に行われる大々的なICOでは本プレセールの10倍の価格でCastleを提供する予定です。
つまり、その時点で10倍の価値が付いています。

ICO割れ=一般向けICO価格を割ることになるので万が一ICO割れが生じても

本プレセール価格を下回ることはないと見込まれています

本プレセールはハードキャップに到達した時点で終了となります。
開始直後に終了する場合もありますので、ご注意ください。

 

 

本プレセールご参加の皆様にお約束します。
bitCastleはすでに開発が最終段階まで進み、
オープンの準備は整っています。

bitCastleがオープンするということは、
もちろんオリジナルトークンである
“Castle”が上場しないということはあり得ません。

しかし、昨今では詐欺ICOというものが増えているのも事実です。
上場すると言っておきながら、プロジェクトそのものが
消滅してしまったり調達した資金を持ち逃げし、
そのまま雲隠れされてしまう問題も起きています。

最高峰のセキュリティを謳う以上
Castleを保有する方には心から
安心してほしいと思っています。

万が一Castleが上場できず
本プロダクト自体が破綻してしまったら
キャッスル両替時の日本円レートで、
全額を返金させて頂きます。